【歴代10年】Amazonで買ってよかった物

Binance(バイナンス)は世界一の取引所!登録・取引方法を画像解説【仮想通貨】

注意
2018/6/29現在、日本からのアクセスを制限するという話が出ております。

登録は差し控えましょう。

仮想通貨の取引を始めた方は、もう日本国内の取引所口座を作りましたよね?

次のステップとして、海外取引所の口座を作ってみてはいかかでしょうか。日本国内ではアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取り扱いがまだまだ少ないので、

これから10倍になるような夢のある仮想通貨は中々手に入りません。

そこで、今回は取引数世界一の海外取引所、Binance(バイナンス)の登録方法から取引のやり方まで解説したいと思います。

Binance(バイナンス)公式サイトはこちら

MEMO
この記事に掲載している画像が小さい場合はタップ/クリックで拡大できます。

Binance(バイナンス)の特徴は?仮想通貨取引でのメリットとは

Binanceトップページ

  • 2017年9月開設にも関わらず、世界第4位の出来高を誇っている大型取引所 ※2017/12/17更新 世界1位になってました!!
  • 取り扱い通貨は82種類。新規上場通貨をユーザー投票で決めているため、話題性の高いコインを手に入れやすい
  • サイトの動作が軽快で、サーバーダウンの心配がない
  • 個人情報の登録をせずに取引が出来る(出金が24時間で2BTC…現在の400万円相当までに制限されるだけ)

Binance(バイナンス)はまだ開設から3ヶ月ほどしか経っていないにも関わらず、とんでもない取引数を誇っています。

これはBinance(バイナンス)が中国の取引所であることも大きいのですが、英語など様々な言語に対応し海外ユーザーも取り込んだことが功を奏したのでしょう。

※2017年まで日本語も対応していましたが、日本政府の要請により日本語対応を終了したようです。

日本の取引所と比べると、とにかく扱っている通貨の数が違います。手数料も安く、新規通貨の上場もドンドンやっているのでアカウントを持っておいて損はありません。

一方、デメリットというか気になる点も記載しておきますね。

  • 24時間で2BTC以上の大型出金を行うには本人確認(パスポートが必要)をしなければならない
  • 日本円の入金に対応していない(海外取引所なので…ビットコイン等を日本の取引所から送金して使用します)

海外取引所なら当然というところですが、「本人確認しないと24時間で2BTCまでしか出金できない」はむしろ、「本人確認しなくても24時間で2BTC以内の出金なら無制限」ってことですから、めちゃくちゃ楽だし、登録してすぐ取引できます。

Binance(バイナンス)へ登録して仮想通貨の取引をしよう!

バイナンス登録

Binance(バイナンス)公式サイトはこちら

公式サイト右上にある「登録」ボタンから登録を始めます。

バイナンス登録2

メールアドレス、パスワードを入力したらチェックボックスにチェックを入れて「登録」を押します。

注意
取引所は現金、及びそれに準ずるものを取り扱います!メールアドレスやパスワードは日頃使用している物を使わずに、新しく作成しましょう!FacebookやYahoo、Googleなどのアカウントで登録することもオススメしません。

バイナンス登録3

画像認証画面となりますので、「|||」のボタンをドラッグして画像のはめ込みを行って下さい(やってみれば分かりますが、非常に簡単です)

バイナンス登録4

認証が完了したらBinance(バイナンス)から登録URLがメールで送られてきますので、URLから登録を完了しましょう。

バイナンス登録5

登録が完了すると、ログイン画面からメールアドレス・パスワードを入力してログインします。また画像認証がありますので、認証がしてください。

バイナンス二段階認証

初回ログイン時、上記のような警告ウィンドウが出てきます。「二段階認証」というハッキングされないためのセキュリティ設定なので、必ず行いましょう。

電話番号での設定もできますが、オススメは「Google検証」というアプリを使った二段階認証方法です。

「Google検証」と出ていますが、二段階認証アプリは「IIJ SmartKey」がおすすめです。

二段階認証アイキャッチ
二段階認証アプリ3選!Google以外にもオススメあります!
IIJ SmartKeyアイキャッチ
「IIJ SmartKey」二段階認証アプリは絶対コレ!設定方法を解説します

上記アプリをダウンロードしたら、「Google検証」から進んだ先にあるQRコードを読み取み、認証コードを取得します。

バイナンス二段階認証2

一番右の「3 Enable 2FA」という欄にログインパスワードとアプリに表示されている認証コードを入力してボタンを押せば設定完了です。

アプリに表示されている認証コードは一定時間(結構短い)で変わりますので、最新のものを入力してくださいね。

ここからは実際に仮想通貨を取引する手順となります。

Binance(バイナンス)に入金して仮想通貨の取引をする

まず入金しなければ取引はできないのですが、Binance(バイナンス)はまだ日本円の入金に対応していません。

将来的には対応する可能性もありますが、現在は日本の取引所に口座を開設して購入した仮想通貨をBinance(バイナンス)に送るのが最もスムーズです。

日本の口座はbitFlyer(ビットフライヤー)がダントツでオススメです。まぁ、この記事をご覧になられている方は既に持っているでしょうか。

バイナンス取引

まずは上部メニューの「資産」から「預金の引き出し」を選択します(引き出しとなっていますが、預金(送金)できます)

バイナンス取引2

通貨名がズラーっと並んでいるので、送金したい通貨を見つけて、右側の預金ボタンを押します。

送金用アドレスが表示されますので、後は日本の口座などから対象のコインを送金するだけです。日本で取り扱っている通貨だとNEM、モナコイン以外は概ね対応しています。(ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、リップルなど)

例えばbitFlyer(ビットフライヤー)であれば「入出金→BTCご送付」から送金が可能です。

この送金には送る側と受け取る側の混雑状況によって、とても時間がかかるので気長に待ちましょう。(ビットコインだと一日待たされるケースもあります)

ちなみに「お引き出し」からは仮想通貨の送金が行なえます。日本の取引所口座に送って現金化する場合などはこちらです。

Binance(バイナンス)で仮想通貨の取引をする(購入)

バイナンス取引3

上部メニュー「取引センター」から「ベーシック」または「アドバンス」を選択します。画面が違うだけなので、お好きな方をどうぞ。

ベーシックの方が分かりやすいので、まずはベーシックでの取引方法を解説していきますね。

バイナンス取引4

チャートや売り板、買い板などが表示されます。まずは右側から取引したいコインを選択しましょう。

バイナンス取引5

次に、実際に購入するための手順です。

  1. 買い板(左側の赤い欄)の一番下(一番安い金額)をクリックして購入フォームへ自動入力させます
  2. 自動入力された金額を確認します
  3. 買いたい数量を指定します(限界まで買いたい場合は数量フォームをクリックすると”最多購入”が現れますので、それを選択)

あとは購入ボタンを押して、二段階認証などをクリアすれば購入完了です。

私のような庶民はここまでやればBinance(バイナンス)での取引に関して困ることはありませんが、大型取引をして一気に出金(2BTC以上)したい方は本人確認が必要です。

Binance(バイナンス)で本人確認をする方法

バイナンス本人確認

上部メニューから「ユーザーセンター」を選択します。

バイナンス本人確認2

「身分認証完成」から運転免許証、パスポートなどの写真をアップロードすれば数日で認証が完了します。

注意
二段階認証設定をしていないと、身分認証が行なえません。また、運転免許証を使用する場合は「パスポート番号」欄に運転免許証番号を入力してください。

まとめ|Binance(バイナンス)は初めての海外仮想通貨取引所に最適!

Binance(バイナンス)はこれから通貨取引数も増えてくると思われます。

面倒な本人確認を行わなくても取引が可能なので、今のうちに登録だけして口座開設しておくと盛り上がってるコインが上場したときなど、すぐに対応できますよ!

Binance(バイナンス)公式サイトはこちら

日本国内のメイン口座は大手の「bitFlyer」がオススメです。

bitFlyerアイキャッチ
【スマホ対応】誰でも分かるbitFlyer(ビットフライヤー)の登録と口座開設方法!