【速報】QUOINEXが仮想通貨の新規上場を発表

【2018年最新版】狙え10倍!仮想通貨おすすめランキング

私が仮想通貨参入したのは2017年の12月ですが、4万円突っ込んだら1ヶ月で50万円になりました。

「出遅れたなー遅すぎるよなー」と思いながら本当に少額の投資をしたのですが、自分でもビックリです。

仮想通貨市場自体、まだまだ新規参入者が止まらない状態で

  • 負荷増大により取引数世界一の中国・BINANCE(バイナンス)が新規ユーザー登録を停止
  • アメリカ最大手の取引所・Bitrex(ビットレックス)も新規ユーザー登録を停止
  • 日本の取引数第3位、Zaif(ザイフ)は本人認証に1ヶ月近くかかるほど混雑

こんな感じです。

「アレ?まだまだ伸びるんじゃない?」

そう思って資金を追加したら、年明けの2018年1月から上昇を続けております。

テレビCMは始まりましたが、まだ実際に取引している人はかなり少ないように感じています。

株式・FXなどと同等の認知度を得た時にどれくらい市場価値が上がるのかと想像すれば、まだまだ参入が遅すぎるなんてことはないんです。

今回は私が勝手に2018年、爆上げすると思っている仮想通貨を紹介していきます。

まだ取引所に登録していない方は下記の記事を参考に日本の取引所に登録して、本人認証手続きまで済ませましょう。

海外取引所を使用するにしても、日本円を仮想通貨に替えるためには日本の取引所が必須です。

ビットコイン取引所3選アイキャッチ
仮想通貨初心者が絶対に登録すべきおすすめ取引所3選【ビットコイン】
注意
仮想通貨はまだまだ未成熟の市場で、ぶっちゃけ何が起きるか分かりません。勝手に予想をしていますが、責任は取れませんのでご了承下さい。

仮想通貨を買う前に、初心者が気をつけたいこと

2017年、仮想通貨市場は何兆円という規模で上昇を続けました。

しかし、大きく上がる前には大きく下がることが多かったんです。

仮想通貨市場はまだ資産家であれば相場を動かせる程度の規模です。

ですので、「めちゃくちゃ下がった!売らなきゃ!!」ってなっちゃう人にはオススメできません。

購入したら仮想通貨のことは忘れて寝かす。

結局、2017年のチャートを見てもこれが一番稼げたんです。そして、今の市場参入者の増え方を見れば2018年も大きく変わらないんじゃないかと思います。

ちょっと上がったから、下がったからと言って売買するのはナンセンスです。

また、日本の法整備が仮想通貨に追いついていませんので、税金面では雑所得になって利益が出てもかなり持っていかれますし、

今後、仮想通貨の価格に影響するような法整備がないとも言えません。仮想通貨を寝かせている時もこの動きには注視しておいたほうが良いです。

日本の取引所で買える初心者向け仮想通貨1~3位

まずは日本の取引所で購入ができる「手堅い通貨」をご紹介いたします。

初心者の方はまず日本の取引所を使用して仮想通貨に触れていくと思いますので、参考にしてください。

1位・Ethereum(イーサリアム|ETH)

2017年は「ビットコイン」の価格が爆発して莫大な市場を築き上げました。

その影で着実に価格を上げていたのが時価総額トップ3に入っている「Ethereum(イーサリアム)」です。

イーサリアムは日本の取引所でも扱っていないところのほうが珍しいぐらいなので、既に取引所の登録を済ませている方は見たことがあるはずです。

アプリケーションとの相性が抜群に良いため、2018年はスマホアプリなどでイーサリアムを使うものが爆発的に増えると予想しています。

そうすれば知名度・実用性ともに向上していき、仮想通貨をよく知らない層も「イーサリアム」を目当てに参入してくる可能性があります。

2017年12月中旬ごろから価格が安定していて、2018年に入ったところで少し上がっています。

時価総額の高さからも長期保有を検討しているのであれば最もオススメな通貨と言えます。

2位・NEM(ネム|XEM)

「NEM(ネム)」は2017年下旬から爆発的に価格を上げている通貨です。

2017年中旬ごろまでは20円だったのが、今では200円。時価総額もトップ10に入っています。

NEMはイーサリアムと似た性質を持っていて、イーサリアムと同様の理由で価格がまだまだ上昇していくのではないかと考えています。

機能や期待値のわりに時価総額がまだまだ低いので、「伸び率」で言えばイーサリアムを上回るかもしれません。

3位・LiteCoin(ライトコイン|LTC)

「Litecoin(ライトコイン)」はNEMと同じぐらいの時価総額で、トップ10入りしています。

ライトコインは「第二のビットコイン」として登場して通貨で、機能はビットコインと同じです。

つまり従来であれば「ビットコインが上がればライトコインも上がる」し「ビットコインが下がればライトコインも下がる」という面白みのない通貨でした。

しかし、2017年の仮想通貨ブームで「ビットコイン」や「イーサリアム」の送金負荷増大で送金詰まりが起きているのです。

そこで便利なのがライトコインで、ビットコインやイーサリアムと比較すると取引所間のコイン送金などが圧倒的に早いのが魅力です。

私の場合、後述する海外取引所を使用するときは、ほとんどライトコインを購入して送金しています。

ビットコインと連動するところは大きく変わりないので、10倍は難しいかもしれませんが、堅実に上がっていくのではないかと思います。

日本上場間近?海外の有名仮想通貨1~3位

次に、日本では上場していない仮想通貨をご紹介いたします。

日本は法規制が厳しく、通貨の取扱数で言えば仮想通貨が盛んな各国と比較して、最低レベルです。

「通貨の取扱数が多い」と言われているCoincheck(コインチェック)でさえ13種類ですからね。

海外の取引数上位取引所を見ると100近い数の通貨を取り扱っている印象です。それでも日本で一番の取引数を誇るBitFlyr(ビットフライヤー)は世界的に見ても取引数上位ですので、いかに日本が狭い市場で大きな金額を動かしているかが分かります。

ですので、今から海外取引所で有名な仮想通貨を手に入れておけば、日本上場した際の「ジャパンマネー流入」で爆上げが期待できるかも?というところです。

1位・NEO(ネオ|NEO)

「中国のイーサリアム」と呼ばれている「NEO(ネオ)」は時価総額12位前後の有名通貨ですが、日本の取引所で扱っていません。

イーサリアムと同様にアプリケーションの開発が進んでいるのですが、中国はアプリの開発がめちゃくちゃ強いのでイーサリアムより早く価格の上昇トレンドに乗りそうです。

やはりというか、中国マネーは凄いので海外取引所で入手するならド安定の仮想通貨だと思っています。

2位・TRON(トロン|TRN)

「TRON(トロン)」は2017年の12月から2018年の1月頭にかけて一瞬にして100倍を達成した仮想通貨です。

一ヶ月で100倍…?嘘でしょ…?

って思いますけど、本当です。マジです。0.2円だったのが20円になりました。

現在の時価総額はトップ10入りしており、さすがに上がりすぎてこれから落ちるのではないか?とも言われています。

しかし、取引数が増える一方の今の仮想通貨市場で大きな下落はほぼ無いことを考えれば、TRONも大きな下落をせずしばらくは横ばいなのではないかと予想しています。

中国最大手の通販サイト「アリババ」との連携「日本取引所上場」という噂が流れており、わりと現実的な噂なので期待しています。

これらが実現すれば横ばいから一点、また吹き上げるでしょうね。

3位・ Waves(WAVES|ウェーブス)

「Waves(ウェーブス)」はアメリカ、中国など国に囚われず広く取引されている仮想通貨です。

広い目で見ればイーサリアムやNEOと同じような特性を持つ通貨ですが、早くから実用化している点が評価されているのではないかと思います。

時価総額もトップ50に入っており、海外の有名な取引所では大体上場しているのですが、日本ではまだ取り扱いがありません。

2018年、日本取引所への上場が期待されている通貨です。

100倍の可能性もある激安「草コイン」1~3位

最後に、主に海外取引所で取り扱われている「草コイン」と呼ばれる激安の仮想通貨を紹介します。

時価総額、1枚あたりの金額が安く今後10倍、100倍になる可能性に溢れた仮想通貨です。

もちろん、安いということはまだ実用化ができていなかったり、知名度が乏しいということです。

紙くずになる可能性も0ではありませんので、大量の資金を回すのはオススメできません。

でも、1万円入れといたら100万円になる可能性がある…そう考えたらワクワクしますね!

1位・eXperience Points(エックスピー|XP)

「XP(エックスピー)」ゲームに特化した仮想通貨です。

特に日本市場に強く、早くから日本では強力なコミュニティ(保有者の集い)が出来ていました。

じわじわと価格を上げ、世界一の取引数を誇るBinance(バイナンス)の通貨上場投票で2位になるなど、ついに海外ユーザーもXPの存在に気付き始めました。

既に10倍、20倍になっている通貨ですがまだ日本円にして1円にも届いておりません。

2018年、どこまで上昇するのかめちゃくちゃ楽しみな仮想通貨です。

2位・Paccoin (パックコイン|PAC)

「Paccoin(パックコイン)」は2018年1月から爆発中の仮想通貨です。

ぶっちゃけPaccoinはまだまだ未熟な仮想通貨で、実用性は乏しいです。

しかし、XPと同様にコミュニティが強く「コミュニティの強い草コインは露出があり、値崩れしにくいので伸びる」と私は予想しています。

一枚あたりの金額、時価総額ともにまだまだ伸び代しかないので少ない金額突っ込んでおけば幸せになれるかも?

3位・Sprouts (スプラウツ|SPRTS)

最後に紹介する「Sprouts(スプラウツ)」は完全に個人的な願望です(笑)

XPの取引で使用しているCoinExchange取引量が多く、かつ価格の低い通貨がSproutsだったんです。

なんというか、草コインの場合はみんな現実的な通貨の価値を見ていません。

価格が安くて取引量が多いということは、ユーザー爆増中の仮想通貨市場にとって大きな「上がる要素」なんです。

私が購入したあと、数日で4倍になりました。まだまだ伸びると思っています。

まとめ|爆上げ仮想通貨市場は参入時期が肝心

私が参入したときに「遅すぎる」と感じたように、まだ仮想通貨を持っていない方は「もう遅すぎるよな」と考えているかもしれません。

確かにビットコインを購入するのはリスクのわりにリターンが低いと思いますし、短期的に見れば大儲けできる可能性は低いです。

しかし、仮想通貨市場は始まったばかりなんです。数年単位で見れば「仮想通貨での決済」が当たり前になって、

「スマホで仮想通貨をやり取りする」ことが世界のスタンダードになる時代が来るはずです。

そうなったとき、はたして「始まったばかり」の今の価値より下がっていると思いますか?

買うか買わないかの判断はあとでできます。まずは日本の取引所に登録をしておきましょう!

ビットコイン取引所3選アイキャッチ
仮想通貨初心者が絶対に登録すべきおすすめ取引所3選【ビットコイン】