仮想通貨始めるなら絶対に登録しておきたい取引所3選

coincheck(コインチェック)ハッキング被害の時系列まとめ

2018年1月26日に起きた日本の大手取引所『coincheck(コインチェック)』のハッキング被害を時系列でまとめました。

まだ進行中の事件なので、適宜更新していきます。

最新情報 2018/1/28

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について(コインチェック公式)

coincheckは今回の被害を約26万人、被害額は仮想通貨『NEM(XEM|ネム)』5億2300万XEMと発表しました。

被害に遭ったユーザーに対してコインチェックの自己資金にて88.549円×保有数の補償を行うということです。

しかし、NHKの取材によるとコインチェック広報担当者は「補償の時期は見通し立たず」と発言しており、実際に補償が支払われるまで安心できない状態です。

2018年1月26日 coincheck(コインチェック)ハッキング事件まとめ

02:57頃 事件発生

コインチェックの発表によると、事件が発生したのは1月26日の深夜です。

わずか1時間ほどの間にコインチェック及びコインチェックユーザーが保有していた仮想通貨『NEM(XEM|ネム)』が580億円相当、何者かのアドレスに送金されました。

11:56 コインチェックが異常発生をユーザーに通知。NEMの入金停止

コインチェックは11:25にNEMの異常を発見し、NEM入金を停止したことをTwitterにて通知しました。(公式発表では12:07頃の発表になっています)

この時点では取引所のトラブルなのか、ハッキングなのかはユーザーも恐らくコインチェック側も把握していない状態でした。

その後12:38頃にNEMの売買停止、12:52頃に出金停止のお知らせが発表されました。

15:35 山本一郎氏がヤフーニュースにて「ハッキング被害」と断言

参考

ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生ヤフーニュース

不具合なのか、ハッキングなのかハッキリしない中で山本一郎氏がヤフーニュースにて「不正出金」とした内容で記事を投稿し、激震が走りました。

現在は訂正されていますが当初は内容に誤った情報も多く「これ本当なの?誤報だったら大変なことだぞ」と各所で大騒ぎでした。

後に山本一郎氏は「情報源はコインチェック内部」と話しており、この記事は正しかったこととなります。

16:33 日本円を含む全ての取扱通貨の出金一時停止

コインチェック側は既に被害がハッキングであることを断定しており、被害拡大防止のため全ての仮想通貨出金を停止したと思われます。

17:23にビットコイン以外の仮想通貨取引停止、18:50にはクレジットカード、ペイジー、コンビニ入金停止についてお知らせしています。

しかし、この時点でもコインチェックは「ハッキング被害」であることを公表せず、コインチェック本社前に報道陣やユーザーが詰めかけるなど異様な雰囲気でした。

23:00 コインチェックが被害について記者会見を行う

参考

コインチェック、仮想通貨「NEM」の不正流出を受けて緊急会見 被害額は約580億円相当ログミー

この記者会見をもってハッキング被害であることが確定し、テレビのニュースなどでも大きな報道となりました。

1月27日 NEM財団が見解を発表

NEM財団はこの後、コインチェック社に対してハードフォーク(補償)を行うことはないと発表していますが、上記ツイートの通りハッキングをした人物については追跡を行っています。

仮想通貨は取引履歴が全世界に公開されるシステムであり、逃げ切ることは不可能なのではないかとささやかれています。

もちろん、被害額相応のNEMが戻ってくる可能性とはまた別となりますが、犯人の特定に関しては期待ができます。

NEM財団の公式ホワイトハッカー、Rin MIZUNASHI氏がハッキング犯の追跡をしていたことは大きな話題になりましたね。

1月28日 コインチェックが被害に遭ったユーザーに対して補償を発表

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について(コインチェック公式)

coincheckは今回の被害を約26万人、被害額は仮想通貨『NEM(XEM|ネム)』5億2300万XEMと発表しました。

被害に遭ったユーザーに対してコインチェックの自己資金にて88.549円×保有数の補償を行うということです。

しかし、NHKの取材によるとコインチェック広報担当者は「補償の時期は見通し立たず」と発言しており、実際に補償が支払われるまで安心できない状態です。

3月12日 コインチェックが被害に遭ったユーザーに対して補償を実行

「補償できず倒産するのではないか」と言われたcoincheckですが、しっかりと補償を全員へ実行しました。

なお、現在も政府より業務改善命令がくだされており新規ユーザーの登録は行っていない状態です。

今回の件を受け、ユーザーが自衛をするためには、どうすればいいのか?

さて、今後仮想通貨を守るために、個人でできることはなんでしょうか?

二段階認証を設定する、メールアドレスやパスワードを使いまわさない…そんなことは当たり前です。

今回のように、取引所自体がハッキングされたり倒産するリスクというのは常につきまといます。

なので、保有している仮想通貨はできるだけ失うリスクが低い方法で保管しましょう。ちなみに、取引所で保管しているのが一番危険です。

私がオススメするのはハードウェアウォレットによる保管です。下記の記事を参考にしてください。

ハードウェアウォレットアイキャッチ
ハードウェアウォレットとは?特徴とオススメ機種を紹介

オススメのハードウェアウォレットはLedger Nano S(レジャーナノS)




私のオススメは「レジャーナノS」です。

まず、対応通貨が圧倒的に多いことが最大の魅力です。

レジャーナノS対応通貨

レジャーナノSの対応通貨

そして、私自身も使用しています。

レジャーナノS

レジャーナノSは海外の公式サイトから購入できますが、現在出荷が2~3月になるほど人気となっています。

Amazonは転売業者が定価の倍以上の価格で出品していますので、定価近い価格ですぐに手に入れるには日本の正規代理店を利用するのが一番です。

仮想通貨は資産です。絶対に盗まれたりしないようにしっかり管理しましょう!