【歴代10年】Amazonで買ってよかったモノ特集

Coincheckの登録(口座開設)方法から取引の仕方まで!スマホからもOK!

注意
coincheckは現在、新規登録を中止しています。仮想通貨の取引所ならbitFlyerがダントツで人気で、オススメです。

ビットコインを始めとする仮想通貨は今、過去最高の盛り上がりを見せています。

テレビでも取り上げられるようになり、よくわからない方も”ビットコイン”という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんなビットコインを含む仮想通貨ですが、株式の証券会社と同じように基本的には「取引所」での売買となるため、仮想通貨用の口座を解説する必要があります。

現在、日本の各取引所に登録が殺到しているため、早くても口座開設から取引開始まで1週間ほどの時間を要しますので早めに口座の開設をしておきましょう!

ビットコインについて調べたり、実際に取引したりするのは口座を開設してからでも遅くありません。

今回は日本の取引所では最大手と呼ばれる、Coincheck(コインチェック)の登録、口座開設方法から取引までを説明していきます。

出川哲朗さんをCMに起用し、今注目を浴びている取引所です!

Coincheckの公式サイトはこちらから!

この記事に掲載している画像が小さい場合はタップ/クリックで拡大できます。

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheckのトップページ

Coincheckのログイン後トップページ

  • 日本最大手取引所の一つ。取引数は日本第2位
  • ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の取扱数日本一
  • 口座の開設、及び維持は完全無料! 作るだけならタダ!
  • 取引の仕方や入金方法が分かりやすく、初心者向け

様々な取引所に登録して思ったのは、Coincheckがとても”見やすい”ということです。

登録から取引まで、初心者の方でも非常に簡単に出来ますので、最初に登録する口座として特にオススメです。

Coincheckの公式サイトはこちらから!

Coincheck(コインチェック)が取り扱いしている通貨一覧(13種類)

Coincheck取り扱い通貨

Coincheck取り扱い通貨一覧

  • Bitcoin(ビットコイン-BTC)
  • Ethereum(イーサリアム-ETH)
  • Ethereum Classic(イーサリアム クラシック-ETC)
  • Lisk(リスク-LSK)
  • Factom(ファクトム-FCT)
  • Monero(モネロ-XMR)
  • Augur(オーガー-REP)
  • Ripple(リップル-XRP)
  • Zcash(ジーキャッシュ-ZEC)
  • NEM(ネム-XEM)
  • Litecoin(ライトコイン-LTC)
  • DASH(ダッシュ-DASH)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ-BCH)

日本での取引数1位、bitFlyer(ビットフライヤー)が6種類、取引数3位、Zaif(ザイフ)が5種類なので圧倒的な数ですね。

登録から取引可能になるまではどれくらいかかる?

取引までのプロセス

登録だけなら3分もあれば終わるのですが、それだけでは実際に取引することができません。

取引(入金、売買)をするためには本人確認書類の提出が必要となります。

本人確認書類の提出完了後に発送される郵便の受取をすれば完全に終了となるのですが、郵便受取前から入金・売買は可能となります。

この本人確認書類の提出から承認までは、混み合い具合にもよりますが1~2営業日ほどが目安となります(私は2日かかりました)

ここからは登録から取引まで、詳しく説明していきますね。

スマートフォンの方はこちらタップ!

パソコンからCoincheck(コインチェック)に登録(口座開設)をする

Coincheck登録

Coincheck登録画面

公式サイトの登録画面へ行く

まずはメールアドレス、パスワードを入力し「登録する」を押します。

Coincheckから”Please Confirm Your Email address”というメールと”Successful authentication”というメールが2通、届きますので、”Please Confirm Your Email address”の方に記載された登録用リンクから登録を完了してください。

注意
取引所は現金、及びそれに準ずるものを取り扱います!メールアドレスやパスワードは日頃使用している物を使わずに、新しく作成しましょう!

重要事項の確認、本人確認書類の提出を行う(パソコン)

重要事項確認1

登録後は上記画像のような画面になりますので、まずは重要事項の確認から始めましょう!

重要事項確認2

重要事項の確認
各重要事項を確認したら、全てにチェックを入れて承諾ボタンを押しましょう!

本人確認書類提出

重要事項の確認
重要事項の確認が終了したら、本人確認書類の提出ボタンが現れます!(トップページから本人確認書類の提出へ進んでも差し支えありません)

本人確認書類提出へ

本人確認書類提出
携帯電話の番号を入力して送信すると、SMSで認証コードが届きます。

認証コード入力

 

本人確認書類提出
送られてきたコードを入力、認証すると個人情報の入力画面になります。氏名や住所、入出金に使用する銀行口座などを登録していきましょう。この登録が終了し、Coincheckに認証されれば取引可能になります!

本人確認のための提出に使用できる書類

  • 運転免許証(裏面もご提出ください)
  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
  • 在留カード(裏面もご提出ください)
  • 特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
  • 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
  • 住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)
  • マイナンバー個人番号カード(裏面の画像はアップロードしないでください)

渡しの場合、実際に郵便を受け取るまで1週間ほど要しました。早めの登録をおすすめします。

Coincheckの登録はこちら

実際に届いた郵便ハガキ

実際に届いた郵便

パソコンからCoincheckで取引する。ビットコインの買い方

入金の手順

まずは入金しよう
まずは、仮想通貨を購入するための日本円をCoincheckに入金する必要があります。トップページの「入金」から入金をしてください。(銀行口座への振り込みが早くて、制限が少ないのでオススメです)

取引所で他人から購入するか、Coincheckから直接購入するか

これはCoincheckだけではありませんが、ビットコイン(仮想通貨)を買うにあたってはいくつかの方法があります。

基本的には

  • 取引所(Coincheck)から直接購入する
  • 取引所(Coincheck)へ仮想通貨を売りに出している第三者から購入する

のどちらかになるのですが、後者は株取引と同じと考えていただければ分かりやすいかと思います。

どちらの方が安く買えるか?で言えばほぼ間違いなく後者で、取引所から直接購入すると損をします。

ただ取引所から直接購入する場合はクレジットカードでの購入ビットコイン以外のコインを直接購入することもできるので、そのやり方は後ほど説明しますね。

取引所で他の人からビットコイン(仮想通貨)を購入する

Coincheck取引方法

購入は非常に簡単です。トップページから少し下にスクロールすると、上記画像のように取引画面が表示されます。

レート(購入したい金額)を指定し、何枚買うか?を指定(0.001枚など極少数から注文可能です!)、概算を見て「注文する」を押せば発注が完了です。指定したレートで売りに出す人が居れば、購入処理が完了します。

Coincheck注文例

注文例

よっぽど価格が急激に上下していなければ、上部に表示されている「BTC Last Price」の金額付近を指定すればすぐに取引が成立するはずです。

Coincheckから直接コイン(仮想通貨)を購入する

直接購入の手順

Coincheckから直接購入
直接購入の場合は、取引所ではなく「ウォレット」から購入することになります。

直接購入手順2

左のメニューから「コインを買う(入金している日本円で購入)」または「クレジットカードで買う」を選択します。

直接購入の場合、レートはCoincheck側が自動で決めてしまいますので、あとは枚数を指定して購入するだけ!

非常に簡単なのが魅力ですが、先ほど説明したようにこのレートはやや高めに設定されていますので、注意してください。

さて、パソコンでの登録から取引の仕方まではこれで以上になります。次からはスマホでの登録から取引までを説明しますが、

パソコンを使用している方も二段階認証は必ず設定してください!

二段階認証の登録方法はこちら

スマホからCoincheck(コインチェック)に登録(口座開設)をする

Coincheck公式サイト

登録はCoincheck公式サイトから!

公式サイトを開いたら、下に少しスクロールすると画像のような登録フォームが見つかりますので、メールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう。

注意
取引所は現金、及びそれに準ずるものを取り扱います!メールアドレスやパスワードは日頃使用している物を使わずに、新しく作成しましょう!

コインチェック登録スマホ

入力したメールアドレス宛にCoincheckから”Please Confirm Your Email address”というメールと”Successful authentication”というメールが2通、届きますので、”Please Confirm Your Email address”の方に記載された登録用リンクから登録を完了してください。

重要事項の確認、本人確認書類の提出を行う(スマホ)

Coincheckスマホ登録手順Coincheckスマホ登録手順2Coincheckスマホ登録手順3

本人確認書類提出

重要事項の確認
重要事項の確認が終了したら、本人確認書類の提出ボタンが現れます!(メニューから本人確認書類の提出へ進んでも差し支えありません)

本人確認書類提出へ

本人確認書類提出
携帯電話の番号を入力して送信すると、SMSで認証コードが届きます。

認証コード入力

 

本人確認書類提出
送られてきたコードを入力、認証すると個人情報の入力画面になります。氏名や住所、入出金に使用する銀行口座などを登録していきましょう。この登録が終了し、Coincheckに認証されれば取引可能になります!

本人確認のための提出に使用できる書類

  • 運転免許証(裏面もご提出ください)
  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
  • 在留カード(裏面もご提出ください)
  • 特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
  • 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
  • 住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)
  • マイナンバー個人番号カード(裏面の画像はアップロードしないでください)
実際に届いた郵便ハガキ

本人確認が完了したら届く郵便

スマホからCoincheckで取引する。ビットコインの買い方

パソコンとの違いはメニューだけですので、ブラウザからの取引に関しては先ほど説明いたしました、パソコン版の解説をご覧ください。

ブラウザから取引する方法はこちら

スマホアプリから取引(ビットコインの購入)をする

ビットコインウォレット Coincheck

ビットコインウォレット Coincheck
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Coincheckのアプリは使いやすく、見やすい非常に優秀なアプリです。

Coincheckへ登録した方はぜひダウンロードして使用してみて下さい!

コインチェックアプリ1コインチェックアプリ2

スマホアプリからログインしたら、トップ画面から買いたい仮想通貨を選びます。

コインチェックアプリ3

あとは購入ボタンを押して購入する枚数を選択するだけ!めちゃくちゃ簡単ですね!(もちろん、購入に必要なお金を入金しておく必要があります)

Coincheckへの登録が終わったら、必ず二段階認証の設定をしよう

さて、ここまでCoincheckの登録・取引方法を説明してきましたが、最後に必ず行っていただきたい設定があります。

「二段階認証」という、ログインや取引のセキュリティを向上させる設定なのですが、これをやってるかやってないかではハッキング被害に遭う確率が全然違います!

二段階認証アプリは「IIJ SmartKey」がおすすめです。

二段階認証アイキャッチ
二段階認証アプリ3選!Google以外にもオススメあります!
IIJ SmartKeyアイキャッチ
「IIJ SmartKey」二段階認証アプリは絶対コレ!設定方法を解説します
二段階認証

二段階認証(パソコン)

二段階認証

二段階認証(スマホ)

トップページのメニューから二段階認証の設定へ進みます。

指示通りやればすぐに終わりますので、必ず設定しておいてくださいね!

まとめ|Coincheckは仮想通貨初心者におすすめの大手取引所

国内取引数第2位のCoincheckは初心者にオススメの取引所です。

他の取引所では買うことのできない通貨もありますので、登録だけ済ませておく分には損はないと思います。

Coincheckの公式サイトはこちらから!

国内最大手、bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法はこちらから!

bitFlyerアイキャッチ【スマホ対応】誰でも分かるbitFlyer(ビットフライヤー)の登録と口座開設方法!