カッターズのバッティンググローブ(バッテ)は最強のグリップ力で超おすすめ

消耗の激しいバッティンググローブですが、高性能で値の張る「試合用」と安価な「練習用」に分けている人も多いのではないでしょうか?

今回おすすめする「カッターズ」はまさに「試合用」のバッティンググローブです。

私はそのグリップ力が病みつきになってしまい、素振りやバッティングセンターでも使用必須になってしまいました。中毒性は抜群です(笑)

ただ、普通のバッティンググローブと比較すると値段は高めです。まずは「試合用」として使用するのがオススメです。

カッターズのバッティンググローブは圧倒的なグリップ力が魅力

まず、カッターズのバッティンググローブといえばその「グリップ力」が特徴です。

カッターズのバッティンググローブは「C-TACK」と言われる特殊素材を使用しており、これがとにかく滑らない。

スライディングなどで汚れてしまっても濡れタオルなどで少し拭けばグリップ力が一気に復活。

グリップ力で言えば最強のバッティンググローブであることは使用してみれば明らかです。

カッターズバッティンググローブの説明

すべり止めスプレー? マニモタ? 要らねえなあカッターズなら!!って感じですよ。ほんとに。

私が最も感謝したのは「雨の日」です。とにかく滑らないので、普通にフルスイングできてしまいます。

雨天でバットが滑って自分のバッティングができなかった…。そんな経験のある人には特におすすめしたいです。

弱点は耐久性?

「試合用におすすめ」というのはつまり「練習では使うな」ということです。

他社製と比較して、極端に耐久性が低いわけではありません。ただ、練習などでも使用しているとすぐに消耗してしまいます。

私の場合、「C-TACK」素材が破けることは一度もありませんでしたが、合成皮革部分が破れてしまったりC-TACK部分が剥がれ落ちたりしてお亡くなりになったことがあります。

手入れは簡単。洗濯可能です

ちなみにこちらの商品、洗濯機での丸洗いが可能です。

C-TACK部分については洗うことによってグリップ力が復活するぐらいですので、結構雑に扱っております(笑)

ただ、合成皮革部分が破けるリスクが高くなるので、心配な人は手洗いですね。

とにかく、特殊な素材を使用していますが洗うことに関しては慎重になる必要がありません。

ニッチなプレイヤーには「アメフト用」がおすすめ

散々野球用バッティンググローブをおすすめしましたが、元々カッターズは「アメフトグローブ」で有名なメーカーなのです。

野球用のグローブと何が違うかと言えば、アメフト用は「全面C-TACK」です。

野球用は手の柔軟性を落とさないためにグリップが必要な部分のみC-TACK素材にしており、後は合成皮革です。

アメフト用は「全面C-TACK」。もう「滑る」って何?状態です。しかも、耐久性も野球用より遥かにあります(合成皮革部分が破けることがないのです)

私はアメフト用のカッターズグローブを購入し始めてから2年ほどで2回購入していますが、

バッセンでの使用も含めて年間1万スイングほどを耐えきったので、耐久性は抜群だと言うことがわかります。

欠点はやはり「柔軟性」でしょうか。合成皮革を使用している野球用と比較して、握り込んだときに少し違和感があります。

また、サイズもしっかりと見定めないといけません。私はぴったりサイズだとかなりタイトだと感じました。大きめのサイズを選びましょう。

大阪、東京、名古屋に近い方はアメフト専門店「QBClub」で実物を見てみるのがオススメです。
店舗案内│アメフト用品専門店 QB CLUB

…あれ? 野球用品の紹介記事でしたよね…。

初めてカッターズを使う方にアメフト用グローブはおすすめできません。

まずはカッターズの野球用バッティンググローブでそのグリップ力を体感してください!