仮想通貨初心者におすすめの取引所3選!

NEOをハードウェアウォレットのLedger Nano S(レジャーナノS)で保管する方法

 

『中国のイーサリアム』と呼ばれている仮想通貨『NEO(ネオ)』は現在時価総額9位のメジャーな仮想通貨です。

2018年は開発が進み、かなり注目を浴びるのでは?と去年から言われていますね。

そんなNEOを保有している方は、どのように管理していますか?

恐らく、大半の人は取引所にそのまま置いているのではないでしょうか?

2018年1月、日本の大手取引所coincheck(コインチェック)がハッキング被害に遭い、NEM(ネム)が580億円相当盗まれるという衝撃的な事件が起きました。

現状NEOを購入するには海外の取引所を利用するしかないのですが、海外の取引所でもそういったトラブルが起きない保証はありませんし、対応は外国語になるので非常に面倒ですよね。

そういったリスクを回避するためにも、必ず取引所以外のウォレットで保管しましょう。

今回は最もセキュリティが高いと言われている、ハードウェアウォレットでの保管方法を紹介致します。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットアイキャッチ
ハードウェアウォレットとは?特徴とオススメ機種を紹介

ハードウェアウォレットについては上記の記事で詳しく解説致しましたが、簡単に説明すると

  • USB接続できる端末にウォレットの秘密鍵を記録しておける物
  • 端末自体にも強固なセキュリティが使用されている
  • 紛失・故障してもリカバリー可能

というようなもので、現状では仮想通貨保管において最もセキュリティが高いと言えます。

NEOの保管に対応しているハードウェアウォレットは「Ledger Nano S(レジャーナノS)」がオススメです。

レジャーナノSはNEO以外にも非常に多くの仮想通貨に対応しているので、一つ購入しておいて損はないです。

レジャーナノS対応通貨

レジャーナノSの対応通貨

海外公式サイトは出荷にかなり時間がかかっているので、私は日本の正規代理店を利用しました。


Ledger Nano S(レジャーナノS)の初期設定・使い方については下記の記事を参考にしてください。

Ledger Nano S(レジャーナノS)の設定・使用方法を画像解説

NEONウォレットをダウンロードして使用できるようにする

まず、NEOをハードウェアウォレットのレジャーナノSで保管するためには連動するPCウォレットをダウンロードする必要があります。

NEONウォレットダウンロードページ

neonウォレット

NEONウォレットをダウンロードしてインストールができたら、次はハードウェアウォレット(レジャーナノS)側の設定を行います。

Ledger Nano S(レジャーナノS)にNEOのウォレットを追加する

レジャーナノSにNEOを追加

レジャーナノSをPCに接続してブラウザアプリ(拡張機能)を起動します。

そこからNEOを追加(↓の矢印マーク)します。レジャーナノS本体に「NEO」という項目が追加されればOKです。

本体で『NEO』を開いて、先ほどダウンロードしたPCウォレットの操作に戻ります。

NEOのPCウォレットとレジャーナノSを連携する

レジャーナノSとNEOウォレットを連携

PCウォレットを起動したら右上の「Login using a Leger」を選択します。

レジャーナノSと接続

次に「UseLedger Nano S」を選択すれば連携完了です。

ウォレットのアドレス等が表示されますので、そこにNEOを送信しましょう!

Ledger Nano S(レジャーナノS)を購入する時は必ず正規店で!

レジャーナノSはヤフオクやメルカリで出品されていることも多く、価格だけ見ればそちらで購入した方が安いのが現状です。

ただ、これらの中古商品は悪質なウイルス(マルウェア)が仕込まれている可能性があり、非常に危険です。

公式サイト(海外サイト)での注文は安くて確実ですが、手元に来るまで数ヶ月単位でかかるようですし、敷居も高いんですよね。

前述した通り、私は日本の正規代理店を利用しました。

少し値は張りますが、3日ほどで届きましたし、現状では一番安全に手っ取り早く入手することが出来る手段と言えます。