【速報】QUOINEXが仮想通貨の新規上場を発表

PacCoinのPCウォレット使用・マイニング方法を画像解説

色んな意味で話題になっております「PacCoin(PAC)」ですが、取扱大手の取引所「Cryptopia(クリプトピア)」が新規ユーザー登録を停止し、一部通貨の取引も停止するなど怪しい感じになってきました。

中の人いわく、閉鎖せず整備を急ぐということですが取引所ではなくPCウォレットに移しておいたほうが良さそうです。

私はYoBti(ヨービット)で購入したのでクリプトピアの混雑はあんまり関係ないのですが、YoBitも絶対に安全か?と言われるとそうでも無いと思うので、PacCoinをウォレットに移動しました。

YoBitでPacCoinを買う方法はこちらからどうぞ

Yobitアイキャッチ
YoBit(ヨービット)の登録・取引方法を画像解説。PACcoinを買おう!
注意
本記事ではWindowsウォレットを使用していますが、公式サイトの解説を見る限り使い方は同じですので、Macの方も参考になると思います。

PacCoinのウォレットをダウンロードする

PacCoinウォレットダウンロード

PacCoinの公式サイトからウォレットをダウンロードしましょう。右上の「WALLETS」からお使いのパソコン(OS)に合った物を選択します。

最近、急激に注目されたので公式サイトが重く、繋がりにくい状態になっています。

開発陣がサイトの整備も行っているようなので改善されていくとは思いますが、繋がらない時は時間を置いて試してみてください。

PacCoinウォレットダウンロード3

Windows版ダウンロードページ

PacCoinウォレットダウンロード2

Mac版ダウンロードページ

上記ダウンロードリンクからウォレットをダウンロードしてください。約1.8GBあるのでモバイル回線などは使用しないようにしてくださいね。

ウォレット自体は外部サーバーに置いているようなので、リンクを貼っておきます。

PacCoinウォレットをインストールして起動する

ダウンロードが終わったら、解凍してファイルを起動してみましょう。

XPなど同じようなタイプの仮想通貨ウォレットは全部そうなのですが、初回起動→同期の完了まで時間がかかります。

  • Windows版-3時間程度
  • Mac版-2~3日程度

の時間がかかってしまうようです。Mac版の同期の遅さに関しては、現在開発チームが改善を急いでいるということです。

同期が完了する前にウォレットへPacCoinを送ってしまうと、同期が完了するまで着金しないので注意して下さい。(無くなるわけではないです)

PacCoinウォレット同期中

画像はWindows版のウォレット初回起動直後です。一番下の緑のバーが同期中の証で、

PacCoinウォレット同期完了

このように、完了するとバーが消えてチェックマークがつきます。

ウォレットの暗号化(パスワード設定)を行う

次に、ウォレットの暗号化設定を行います。

設定しなくても良いのですが、ハッキングされて全部盗まれる可能性を少しでも下げたいなら設定するべきです。

PacCoinウォレット暗号化

上部メニューの「設定」から「Encrypt Wallet…」を選択します。

PacCoinウォレット暗号化2

パスワードを設定します。パスワード生成器などでランダムに作成されたものを使用することをオススメします。

注意
Webサービスのようにパスワードを忘れた時の救済措置はありません。必ずメモしておいてください。

PacCoinウォレット暗号化3

パスワードを設定すると「パスワードが分からなくなったらコインを失います」という警告が表示されますので、「Yes」を選択します。

PacCoinウォレット暗号化4

「暗号化設定のためウォレットを終了します。再起動してください」

「暗号化前にバックアップを取っていた場合は、新しくバックアップを取って上書きしてください」

という注意書きが現れます。「OK」を選択するとウォレットが終了しますので、あらためて起動してください。

同期が終わっていても、起動時には少し時間がかかることがあります。

PacCoinウォレット暗号化5

再起動できたらウォレットの右下に鍵マークが現れていることを確認します。この状態であれば暗号化完了です。

取引所からPacCoinウォレットに送金する

では、実際にPacCoinウォレットにPacCoinを送金してみましょう。

送金方法はクリプトピアの場合「Account→Balances→Withdraw」です。

YoBitの場合は「Wallets→Withdrawal」です。

PacCoinWalletアドレス

送金時に指定するアドレスを確認するにはウォレットの「Receive coins」を選択します。

このアドレスをコピーして、送金しましょう。手入力などでアドレスを間違うとコインを失うので絶対コピペ!

アドレスが間違っていないか確認するためにも、最初の一回は送金できる最小の金額で試してみましょう。

「ラベル」は右クリックすることで「Edit」から好きな名前に変更できます。

私の場合、YoBitからの送金が約3秒で終わりました。

すげぇなPacCoin…。

ウォレットのバックアップを取る

コインの送金が完了したら、ウォレットのバックアップを取っておきましょう。

PacCoinバックアップ

バックアップは「ファイル→Backup Wallet…」からファイルを保存するだけです。

PCウォレットのバックアップを同じPCに置いても意味がないので、USBメモリや外付けHDD、あまりオススメしませんが最悪、クラウドなどに保存しておきましょう。

バックアップからウォレットを復旧する

では、バックアップからウォレットを復旧するにはどうするのか?ですが、まずはPacCoinウォレットをインストールします。

バックアップで保存したdatファイルを「wallet.dat」というファイル名にしておき、ウォレットのインストール先フォルダに移動します。

既存の「wallet.dat」を上書きして、バックアップは完了です。

PacCoinウォレットでPOSマイニングをする

注意
PacCoinは現在、開発チームが積極的に開発を進めており近いうちにマイニング出来るようになる前に変動がありそうです。

PacCoinのマイニングは非常に面倒ですし、受取に時間がかかるのでオススメしません。ザックリ説明すると

  • ウォレットの暗号化を解除する
  • ウォレットに送金してから30日間分ウォレットを起動するとマイニングが開始する
  • 更に30日間ウォレットを起動するとマイニング報酬が手に入る

という流れです。最低100PacCoinが必要で、受け取れるコイン量は所持数の7%程度だということです。

しかし、PacCoinは発行数制限などを控えており今後、マイニングについても大きく動くと思われます。

今はマイニングに参加するよりコミュニティなどを注視しておいたほうが良いと思っています。

PacCoinウォレットの暗号化を解除する

それでもマイニングに参加したい!という方のために暗号化の解除方法を解説します。

PacCoinウォレット暗号化解除

上部メニューの「ヘルプ→Debug window」を選択します。

PacCoinウォレット暗号化解除2

「Console」を選択したら、下部にあるフォームに「walletpassphrase パスワード 暗号化解除を持続する時間」を記入してEnterを押して送信します。

パスワードが「mettyaeeyan」で解除時間を長期にする例で言えば

walletpassphrase mettyaeeyan 99999999

と指定します。ウォレットを終了すると自動的に暗号化されるので、再起動時は再度暗号化解除が必要です。

所持コインを暗号化解除状態で合計30日間保有すればマイニングが開始し、更に30日間経過すれば報酬が受け取れます。

PacCoin鍵解除

わかりにくいですが、暗号解除が成功するとウォレット右下の鍵マークが解錠されています。

PacCoinウォレットから引き出し(送金)をする

最後に、ウォレットのPacCoinを取引所などに送る方法です。

PacCoinウォレット引き出し

「Send coins」から「Pey To」に取引所等のアドレスを記入します。

「Amount」に数量を指定し、右下の「Send」を押せば送金作業完了です。

最初は必ず少額で試して、アドレスが間違っていないか・トラブルがないかを確認しましょう。

以上でPacCoinウォレットの使い方解説を終わります。

PacCoinを購入できる取引所で「クリプトピア」は新規ユーザー受付を停止してしまったので、

YoBit(ヨービット)がオススメです。登録方法はこちらからどうぞ

Yobitアイキャッチ
YoBit(ヨービット)の登録・取引方法を画像解説。PACcoinを買おう!