【歴代10年】Amazonで買ってよかった物

2018年プロ野球ドラフト会議がParavi(パラビ)で生中継配信決定!

Paraviドラフトアイキャッチ

2018年10月25日(木)17:00~ 日本プロ野球ドラフト会議

今年は動画配信サービスParavi(パラビ)プロ野球ドラフト会議が生配信されることが決定しました!

毎年ドラフト会議の日は有給を取るか絶対残業しないマンになっていた私ですが、野球はDAZNなどの動画配信サービス派。

スカパーを解約してからドラフト会議は地上波放送される1巡目指名ぐらいしか見ることができず、毎年テキスト速報を追っていました。

そんな私のような人間には凄まじい朗報です。しかも私は既にParaviユーザー。

Paravi紹介のアイキャッチ
Paravi(パラビ)とは?加入した感想や無料体験の注意点を全部書く

Paraviは月額999円(税込)の有料サービスですが、登録初月は無料です。

登録初月に解約すれば料金は発生しません。

なんとか無料でドラフト会議を見たい方々、おめでとうございます。

この記事を書いている現在、10月に突入しております。

Paraviの無料期間は1ヶ月、31日などではなく「登録した月内が無料」なので、ドラフト会議目当ての方はもう登録しておいたほうがいいですよ!

Paraviユーザーとしてはそのまま会員を続けてもらって、名作ドラマなどを見ることをオススメしますが…。

この記事ではParaviでドラフト会議を見る方法、2018年ドラフト注目選手などをご紹介しております。

Paravi(パラビ)でドラフト中継を見る方法

Paraviのトップ画面

Paraviについて
対応端末 PC、スマホ、その他(Windows、Mac、iPhone、Android対応)
無料期間 加入初月
支払方法 クレジットカード、キャリア決済(Docomo、SoftBank、au)

Paravi(パラビ)で動画視聴をする場合、大きく別けて二つの作業が必要になります。

  1. アカウント登録
  2. ベーシックプラン契約

共にすぐに終わりますが、PCでの視聴を検討している方は登録前に視聴動作環境を確認しておいてください。

Paraviは古いディスプレイケーブルを使用している場合、視聴できない可能性があります。

公式サイトで視聴環境テストができるので、パソコンでの視聴を検討している方は予めテストしてくださいね。

Paraviの登録方法

登録はParavi(パラビ)公式サイトから行いましょう。

Paraviの登録方法

無料体験登録を選択すると、アカウント作成画面となります。

クーポンに関しては今現在、発行しているものはないようです。

Paraviでドラフト

あとは生年月日、支払い情報などを入力するだけです。超簡単!

支払いは「クレジットカード・キャリア決済(Docomo、SoftBank、au)」のみとなっています。

Paraviの解約方法

Paraviは前述の通り、登録初月は無料です。

つまり、登録初月内に解約すれば料金の請求はありません。

10月に登録した場合、料金発生のタイミングは11月1日となります。ドラフト会議だけ見れればそれでいい!という方はご注意ください。

素敵な番組も多々あるので、せっかく登録したのにすぐ解約するのはもったいないと思いますけどね。

Paraviの解約はアカウント情報から

Paraviの解約はParavi公式サイトからログインするか、Androidの場合はアプリから解約することもできます。

iPhoneアプリをお使いの方はアプリから解約できないので、Paravi公式サイトから手続きを進めましょう。

手続自体は簡単で「アカウント情報」から「契約プランの確認・変更・解約」を選択して、解約手続きを進めることができます。

2018年ドラフト注目選手について

高校生|金農・吉田、大阪桐蔭・根尾がドラ1確実

まずは高校生ですが、なんと言っても「金足農業・吉田輝星投手」でしょう。

10月8日時点でプロ志望届は提出されていませんが、時間の問題と言われています。

他には夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭から「二刀流・根尾昂選手」「4番・藤原恭大選手」の両名がドラフト一位候補となっています。

一位候補以外では日本ハム・清宮幸太郎選手の後輩で、一年生から4番を務めた「早稲田実業・野村大樹選手」もどの球団に入るのか、注目です。

個人的には甲子園に出れなかった「日大鶴ヶ丘・勝又温史投手」と「倉敷商・引地秀一郎投手」の両名に注目しています。

甲子園に出ていれば間違いなくネームバリューが上がっていた逸材です。2~3位で指名されるのではないでしょうか?

大学生|豪腕揃いの投手豊作年。野手は奪い合いか

次に大学生ですが、今年は完全に投高打低。投手に逸材が揃っています。

大学JAPANのエース日本体育大・松本航投手同・東妻勇輔投手は珍しい「同大学・同ポジションからのダブル1位指名」を受けるのではないか?とも言われています。

複数名が同じ大学からドライチ指名と言うと、2010年の早稲田大学、斎藤佑(日ハム)・福井(広島)・大石(西武)を彷彿とさせますね。

他にも東洋大・上茶谷大河 、甲斐野央投手、梅津晃大投手の3名は1~2位で指名されることが確実視されています。

一方、野手はハッキリ言って不作です。

上位候補は立命館大・辰己涼介選手のみ。抜群の身体能力を持った強肩・快足の外野手です。

ただ、大学成績を見ると四球・長打が少ないタイプで、近代野球ではややマイナス評価を受けるタイプです。

明治大・渡辺佳明選手は4年生になって飛躍した元横浜高校・渡辺監督の孫。履正社高校出身、法政大・中山翔太選手は右打ちで長打力のある内野手。

パッと出てくる選手はこのくらいで、大学生野手は3~4位での指名が中心になると思われます。

そんな中、今年は「捕手大不作」なので亜細亜大・頓宮裕真捕手は各球団奪い合いになりそうです。1~2位指名もあるかも?

社会人|パナソニック吉川投手が大リーグ挑戦

最後に社会人選手ですが、ドラフト1位確実と言われていた豪腕パナソニック・吉川峻平投手が日本プロ野球を経由せず、大リーグに挑戦するとのことです。

最大の目玉選手のドラフトがなくなり、例年と比較すると不作だと言われています。

大型左腕のHonda鈴鹿・平尾奎太投手は上位確実、ドライチの可能性も囁かれています。

大学時代155キロを計測しながら「公務員になりたい」と野球引退を匂わせる発言をして周囲を驚かせた日本通運・生田目翼投手も今年ドラフト解禁となります。

野手では社会人ナンバーワン捕手Honda鈴鹿・柘植世那選手と数少ない即戦力外野手である東京ガス・笹川晃平選手に注目が集まります。

2018年プロ野球、私のドラフト1位指名予想

私のドラフト1位指名予想!

選手 出身 ポジション
吉田 輝星 金足農業 投手
根尾 昂 大阪桐蔭 内野手
藤原 恭大 大阪桐蔭 外野手
小園 海斗 報徳学園 内野手
松本 航 日本体育大学 投手
東妻 勇輔 日本体育大学 投手
上茶谷 大河 東洋大学 投手
梅津 晃大 東洋大学 投手
甲斐 野央 東洋大学 投手
平尾 奎太 Honda鈴鹿 投手
頓宮 裕真 亜細亜大学 捕手

上から4名の高校生はドラフト1位がほぼ確定クラスの逸材です。

大学生も日体大・東海大から多数の指名が重なりそうです。

注目は亜細亜大学・頓宮 裕真捕手です。下級生のころはなかなかバッティングで結果が出ませんでしたが、17年は安定した打率を、18年は長打力を発揮しました。

近年、捕手のドラフト指名が困難な状態が続いています。

今年も候補人数はかなり少ないので、1位指名もあるのではないか?と予想してみました。

注目のドラフト会議は10月25日(木)|配信はParaviで!

私の予想、皆さんの予想結果は10月25日(木) 17時から行われるプロ野球ドラフト会議で明らかになります。

地上波放送では例年、時間の関係でドラフト1位指名のみが放送されます。

ドラフトが面白いのは指名順によって当日揺れ動く2位以下だと思います。

ぜひ、、Paravi(パラビ)に登録して御覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。