【速報】QUOINEXが仮想通貨の新規上場を発表

Zaif(ザイフ)は本当にオススメか?登録、口座開設方法から取引のやり方まで!

Zaif(ザイフ)は日本の取引所で第三位の取引数を誇り、その手数料の安さや取り扱い通貨の多さから爆発的にユーザーが増えている取引所です。

Zaifでしか買えない”Zaifトークン”という通貨もあります。もし今後、Zaif社が株式上場するなんてことがあれば…今のうちに買っていればとんでもないことになるかもしれません!

欠点を言うと、ユーザーが急激に増えすぎてサーバーが不安定だったり本人確認作業に大幅な遅れが生じていたりするので、とりあえず早めに登録だけしておくことをオススメします。

Zaif(ザイフ)の登録はこちらから

Zaif(ザイフ)の特徴は?積立も可能なオンリーワンな取引所

ザイフトップ画面

  • 取引手数料が激安
  • 国内第三位のシェアを誇り、ユーザー数が多く今後にも期待できる
  • Zaifトークンを始めとした、1枚あたりが少額な通貨を扱っている
  • ”積立”や”ボーナス”など、独自の機能が盛りだくさん
  • 口座の開設、及び維持は完全無料! 作るだけならタダ!

Zaif(ザイフ)をオススメ理由として、一番は手数料の安さです。

参考として、国内取引所上位3社のビットコイン取引手数料を比較してみましょう

取引所手数料
coincheck0.00%(手数料なし)
bitFlyer0.01% ~ 0.15%
Zaif-0.05 ~ -0.01%

Zaif(ザイフ)はなんとマイナス!

つまり、取引にかかる手数料が取られるどころか、費用が少なくなるのです。凄すぎる…。

こうなると”Zaif(ザイフ)で買える仮想通貨はZaifで買ったほうが得”という状況になってきますので、他の取引所と並行してぜひ登録を行ってほしい取引所です。

”他の取引所と並行して”というのは、Zaifは登録者が殺到しており登録作業から実際に取引できるようになるまで凄く時間がかかります。

私の場合は3週間ほど必要でしたので、上げトレンドである仮想通貨に市場に3週間も参戦できないのは非常に痛い。

なので、Zaifの登録申請をしておいて、平行して他の取引所も活用しておくのがベストだと思っています。

取り扱い仮想通貨は主要5種、トークン9種

主要通貨

  • Bitcoin(BTC|ビットコイン)
  • Ethereum(ETH|イーサリアム)
  • Bitcoin Cash(BCH|ビットコインキャッシュ)
  • NEM(XEM|ネム)
  • Monacoin(MONA|モナコイン)

その他の通貨(Zaifではトークンと呼ばれている)

  • ZAIF
  • XCP
  • BCY
  • SJCX
  • FSCC
  • PEPECASH
  • CICC
  • NCXC
  • JPYZ
  • COMSA

主要通貨の取り扱いは他の取引所に比べて手薄ですが、モナコインNEMといった話題性の高いアルトコインを取り扱っています。

また、1枚あたりの値段が激安の”トークン”と呼ばれる通貨も扱っており、非常に夢があります。

ZAIFトークンは1週間で1円から2円になりましたが、一週間で倍ですからね?

5分で終わる!Zaif(ザイフ)の登録方法

ザイフ登録方法

Zaif(ザイフ)の登録はこちらから

まずは上記リンクから公式サイトへ行きましょう。「無料登録はコチラ」をクリックして先に進みます。

ザイフ登録2

メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押します。

入力したメールアドレスにZaifから登録用URLを記載したメールが送られてきます。URLをクリックし、登録作業へ進みましょう。

注意
取引所は現金、及びそれに準ずるものを取り扱います!メールアドレスやパスワードは日頃使用している物を使わずに、新しく作成しましょう!FacebookやYahoo、Googleなどのアカウントで登録することもオススメしません。

ザイフ登録利用規約確認

利用規約を見て、一番下までスクロールすると「前のページへ戻る」というボタンが出てきます。

そうして上記のユーザー登録画面へ戻ると「利用規約について同意します。」のチェックボックスにチェックができるようになります。

重要事項説明に関しても同様です。パスワードを入力したら、いよいよ登録作業は終了です。

ザイフ登録パスワード

登録作業が終わると、一度ログイン画面に移ります。登録したメールアドレス・パスワードを入力してログインしましょう。

ザイフ登録認証

ログインの際、このようなハッキング対策の認証が出ますので、指示にしたがって認証を解除しましょう(出て来る画像は毎回変わります)

本人確認を済ませて仮想通貨の取引が出来る状態にする

ザイフ本人確認へ

ログインすると上記のような画面になります。これで登録は終了しましたが、この状態ではまだ仮想通貨の取引ができません。

ザイフ本人確認1

上部のお知らせ一覧、または右上の「アカウント」から本人確認をしていきましょう。

ザイフ本人確認2

まず「基本情報」から氏名・住所等の個人情報を登録していきます。登録が終わったら「本人確認」へ移り、本人確認書類をアップロードします。

本人確認資料として使える証明書一覧
運転免許証(運転経歴証明書でも可)個人番号カード(写真の無い通知カードは負荷)
パスポート在留カード
公的証明書(健康保険証、住民票など)+ 公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)

本人確認書類のアップロード後、承認されるまでかなり時間がかかりますので気長に待ちましょう。

電話番号の認証

ザイフ本人確認3

次に、電話番号の認証をしていきます。

  1. 本人確認の電話番号認証へ移ります
  2. 電話番号(SMSを受け取れる携帯電話)を入力
  3. 認証ボタンを押すとZaifから認証コードのショートメッセージが届きます。
  4. 認証コード登録から認証コードを入力して終了です。

これで本人確認作業は終了です。後はZaif側の認証が完了すれば書留郵便が送られてきますので、それまでは待機することしかできません。

本人確認コードの入力

Zaif本人確認書類

認証が終わると、Zaifから本人確認の郵便が送られてきます。画像は実際に送られてきた書留郵便の中身です。

Zaif本人確認

郵便に本人確認コードが記載されているので、Zaifの「アカウント」ページから確認コードを入力して、本人確認が終了です。

実際に取引を始める前に、後述する二段階認証の設定はしておいてくださいね!

MEMO
2017年12月時点で、かなり認証作業に時間がかかっています。私は3週間かかりました…。

スマホから登録をする方法、やり方

Zaifスマホから登録

Zaif(ザイフ)公式サイトへ

まずは上記リンクから公式サイトへ飛び「無料登録はコチラ」から登録画面へ進み、メールアドレスを入力します。

Zaifから登録URLが記載されたメールが届きますので、メール内のリンクを開いてみましょう。

Zaifスマホから登録2

メールを開いたら上記の画面になります。まず利用規約、重要事項説明に同意のチェックをします。

メールアドレスは自動的に入力されているので、パスワードを入力したら「同意して登録」で次に進みましょう。

Zaifスマホから登録3

ログイン画面に移動しますので、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを使用してログインします。

これでZaifの登録作業は終了ですが、このままでは仮想通貨を取引することができません。

実際に取引できるようになる「本人確認」の登録を済ませておきましょう。ここからがZaifの認証に時間がかかるところですので、すぐに取引することはないという人もあらかじめやっておきましょう!

Zaifスマホから登録4

本人確認は右上のメニューを開いて「アカウント」から行います。

Zaifスマホから登録5

まず氏名、住所などの基本情報を入力します。本人確認書類をアップロードしたら基本情報と本人確認書類が正しく合っているかをZaif側で認証する作業に入ります。

本人確認資料として使える証明書一覧
運転免許証(運転経歴証明書でも可)個人番号カード(写真の無い通知カードは負荷)
パスポート在留カード
公的証明書(健康保険証、住民票など)+ 公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)

ユーザーとしては待っていることしかできないのですが、この認証作業にとても時間がかかるので気長に待ちましょう。

認証作業が終わると、郵便物が登録した住所に届きます。それを受け取って「郵送による本人確認」のページから確認コードを入力すれば本人確認作業の終了となります。

必ず行いたい二段階認証(セキュリティ)の設定

二段階認証はセキュリティの観点から必ず設定しなくてはならないレベルで重要です。

仮想通貨は現金より遥かにハッキングリスクが高く、いつ無くなってもありません。自衛するためにも、必ず設定してください。

まずはGoogleの二段階認証アプリをダウンロードしましょう。二段階認証アプリは「IIJ SmartKey」がおすすめです。

ザイフに段階認証

パソコン画面

ザイフに段階認証3

スマホ画面

共にパソコンは右上の「アカウント」から、スマホは右上のメニューを開いて「アカウント」から設定していきます。

ザイフに段階認証2

パソコン画面

ザイフに段階認証4

スマホ画面

アカウント画面から「セキュリティ」「2段階認証」の設定項目がありますので、指示に従って二段階認証の設定をしましょう。

実際にZaif(ザイフ)で取引(仮想通貨の購入)をする方法

※スマホ、パソコン共に表示は同じなのでパソコン画面でのキャプチャーで解説します。

Zaif取引方法1

まずはメニューから「取引」を選択します。「簡単売買」ではビットコインとモナコインの売買ができますが、割高になるのでオススメできません。

Zaif取引方法3

チャートの上にあるBTC/JPYと表示されているフォームを選択すると購入できる通貨が表示されます。

Zaif取引方法2

実際に取引するフォームがこちらです。「現物買い」と「現物売り」というのは入金した日本円=上限となり、「信用買い」「信用売り」は取引所に借金をして入金した額以上の取引が可能になります。

信用売買の場合、相場の変動次第で入金した金額以上の損失、つまり借金を背負う可能性があるので良く分からない方は必ず「現物買い・売り」を選択してください。

すぐにコインが欲しい場合は「成行」を選択して、買いたい数量を指定するだけです。

「指値」は価格も自分で指定します。例えば「暴落したときに買っておきたい」とか「暴騰したら売りたい」といった予測を元に注文するときに使います。

基本的にすぐコインを購入するなら「成行」が無難です。大きく損をすることもないので。

仮想通貨の”積立”が魅力。そのやり方を解説

「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」
「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

引用:Zaif公式ホームページ

Zaif積立

メニューの「アカウント」からZaif積立を開始することができます。

Zaif積立2

「Zaifコイン積立」を選択し、銀行口座の登録と積立金額を設定すれば積立を開始することができます。

積立時の手数料については、下記の通りです。

積立金額手数料
1千円~2千円一律100円
3千円~9千円3.5%
1万円~2万9千円2.5%
3万円~4万9千円2.0%
5万円以上1.5%

Zaif(ザイフ)のアプリを使ってみよう!

Zaif

Zaif
無料
posted with アプリーチ

Zaif(ザイフ)のアプリは「Web版をアプリ化しました」という感じで、特別なインターフェースではありません。

あまり使い勝手は良くないので積極的にオススメはしませんが、スマホから気軽に投資状況を確認したい方にはオススメです。

まとめ|Zaif(ザイフ)は絶対に登録を済ませておきたい格安取引所

特徴欄でも説明しましたが、Zaifはビットコイン取引の手数料が国内で最も安い取引所です。

ユーザーがあまりにも殺到しているため登録~本人確認まで終了し、実際に取引できるようになるまで時間がかかっていますので、まずは登録しておきましょう!

口座の登録・維持に一切費用はかかりませんので、興味がある方はとりあぜず手続きだけ済ませておくのがオススメです。

Zaif(ザイフ)の登録はこちらから