【歴代10年】Amazonで買ってよかった物

ニンテンドースイッチのコントローラーはどれがいい?おすすめを紹介

スイッチコントローラー特集アイキャッチ

ニンテンドースイッチには「Joy-Con」と呼ばれるコントローラーが付属していますが、他にも色んなコントローラーがあることをご存知ですか?

今回は長くニンテンドースイッチを楽しむなら「必須レベル」のコントローラーから、意外な便利機能を持ったニッチなコントローラーまで紹介していきたいと思います。

ニンテンドースイッチのおすすめProコントローラー

まずは両手で操作する「Proコントローラー」と呼ばれるタイプのベーシックなコントローラーから紹介していきます。

総じて言えるのは長時間じっくりプレイするならJoy-Conより楽であり、細かな操作もやりやすいということ。

どのコントローラーもJoy-Conグリップを使用した際より少し大きめなので、女性や小さな子供は使いにくいかもしれません。

とは言え、一つは持っておきたいコントローラーです。

ド定番!任天堂純正「Nintendo Switch Proコントローラー」

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

6,834円(08/15 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

こんなことを言ってしまうと元も子もないかもしれませんが…

基本的にはJoy-Conと、このProコントローラーがあれば十分です。

持ちやすさ、操作のしやすさはもちろんこと、ケーブルの無い完全ワイヤレスで取り回しも楽です。

Joy-Conと比較すると十字キーの推しやすさが全然違いますし、男性ならサイズ感もJoy-Conよりしっくり来ると思います。

充電はスイッチと同じUSB-Cタイプですが、ケーブルが付属しているのでお手持ちのモバイルバッテリー等で充電することもできますよ!

注意
長時間の使用で左スティックが故障する報告が相次いでいます。1年以内ならメーカー保証で無償交換となりますので、購入時の明細等は保管しておきましょう。

コスパが魅力!ライセンス商品「ホリパッド for Nintendo Switch」

【Nintendo Switch対応】ホリパッド for Nintendo Switch

【Nintendo Switch対応】ホリパッド for Nintendo Switch

2,568円(08/15 16:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

まず目につくのが、その値段の安さです。この値段で本格的なコントローラーが手に入るのは嬉しいですね。

Proコントローラーと比較して、最大の違いは有線接続であることでしょうか。

充電切れを心配することがなく、バッテリーが無い分軽いので家でガッツリやりたい人向けです。

その他、純正のProコントローラーとの違いを挙げてみましょう

  • 十字ボタンの取り外しが可能
  • 秒間約5/12/20回の3段階に切替可能な連射機能搭載
  • 170g(ケーブル除く)と軽量(純正Proコンは246g)

このように特徴的なメリットがあると同時に、安さゆえに削られた機能もたくさんあります。

  • ジャイロセンサー無し
  • 加速度センサー無し
  • お知らせランプ無し
  • モーションIRカメラ無し
  • 有線接続限定(無線機能無し)

以上のように、一部機能が使用できませんのでご注意下さい。

逆言えば、上記機能が必要ないのであれば圧倒的なコストパフォーマンスです。

リアルアーケードPro.V HAYABUSA for Nintendo Switch

続いてもホリ(HORI)社製のコントローラーです。

いわゆる「アケコン」ですが、これも両手でガッチリなのでこのカテゴリーに入れました(笑)

格闘ゲームを始めとした「アーケードゲーム」と呼ばれるゲームセンターにある筐体のコントローラーを家庭でも使えるようにしたものですね。

「これじゃないとダメなんだ!」という方が一定数居ますので、とても根強い人気を持つコントローラーです。

どう使う?Joy-Con系おすすめコントローラー

続いて、ニンテンドースイッチに付属している「Joy-Con」を活用したコントローラーをご紹介します。

スイッチを購入して最初に触るのはJoy-Conでしょうから、「馴染みあるコントローラーを使い続けたい!」という方も多いのではないでしょうか。

同梱グリップとは一味違う!「Joy-Con充電グリップ」

Joy-Con充電グリップ

Joy-Con充電グリップ

1,800円(08/15 16:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

まずはこちらの、任天堂純正品をご紹介。

「あれ、スイッチに同梱されてたグリップと一緒?」と思いますよね。違いはただ1つだけです。

Joy-Conを装着したまま充電できるようになっています。

バッテリーが付属しているわけではなく、充電用にUSB-Cケーブルを挿し込む端子が付いています。

スイッチ同梱のグリップだと「充電がなくなった!グリップでプレイしたいのに、一旦本体に装着して充電しなくちゃいけない…」という悲しい事件を誰もが経験するところですので、この商品は「痒いところに手が届く」やつですね。

いや、これを同梱してくれよ

片側だけでも買い増しできます!任天堂純正「Joy-Con」

Joy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルー

Joy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルー

7,986円(08/15 16:30時点)
Amazonの情報を掲載しています
Joy-Con (L) グレー

Joy-Con (L) グレー

8,000円(08/15 16:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

様々なカラーバリエーションや片側のみ買い増しできるのがJoy-Conの良いところ。

価格はちょっと高いけどね…。

マリオカートやるならハンドル!「Joy-Conハンドル 2個セット」

Joy-Conハンドル 2個セット

Joy-Conハンドル 2個セット

1,095円(08/15 16:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

言わずと知れた任天堂純正の「マリカーハンドル」です。実はマリオカートじゃなくても使えます。

ニンテンドースイッチの「マリオカート8 デラックス」はハンドルが同梱していないので、別途この商品を購入する必要があります。

それを配慮してか「2個入り」がデフォルトなのは嬉しいですね。価格も控えめです。

意外とあなどれない!?「ジョイコンハンドル」

Joy-Conを普通のコントローラーのようにグリップ化してしまうアイテムです。

物理的なグリップ以外の機能はありませんが、これはこれであなどれないナイスアイテムです。

電池を入れて長時間稼働!「Joy-Con拡張バッテリー」

Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)

Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)

1,750円(08/15 16:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

任天堂純正の「Joy-Con拡張バッテリー」はその名の通りJoy-Conを乾電池で充電することで長時間稼働を可能にするコントローラーです。

カバーと電池の分重くなるのは難点ですが、外出時などに充電の心配をしなくても良いのは非常に魅力的ですね。

Joy-Con拡張バッテリーにJoy-Conは付属しないので、お手持ちのJoy-Conを使用してくださいね。

【番外編】一家に一台。「Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch」

厳密にはコントローラーではありませんが非常に便利なので紹介させていただきます。

ホリ(HORI)社製の「Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch」はその名の通り、Joy-Conを充電させるためだけのスタンドです。

同時に4つまで充電可能なのJoy-Conを複数台使用している方には必須レベルのアイテムです。

まとめ|純正Proコントローラーがあればなんとかなる

私は純正Proコントローラー、充電グリップを使用していますが

結局Proコンしか使ってない

という状態に陥っているため、何が良いかな?と迷ったら純正Proコントローラーをオススメいたします。

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

6,834円(08/15 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています