【歴代10年】Amazonで買ってよかった物

AmazonEchoの「Dot」「Plus」「Spot」は何が違う?徹底比較!

アイキャッチ

2017年末より「招待制」で発売が開始されたAmazonEcho(アマゾンエコー)ですが、私は12月に購入することができました。

現在では一般販売もされていますが、Echoの詳しいレビューは関連記事をご覧ください。

アイキャッチ
AmazonEchoレビュー。メイン機として4ヶ月使用した感想

さて、今から購入を考えている方は「Echo」と「Dot」「Plus」「Spot」のどれにしようか、悩んでいるのではないでしょうか?

この記事では日本で展開されているこの4機種について、詳しく比較していきたいと思います!

結論から言えば、私は「Echo Spotが最強」だと思っています。値段だけがネックですが…。

Echo Spot レビュー アイキャッチ
Amazon Echo Spot レビュー|AIスピーカー+液晶=超オススメ!

AmazonEchoシリーズ比較

Amazon Echo比較表

外観 Echo
Echo
Dot
dot
Plus
plus
Spot
AmazonEchoSpotの画像
高さ×幅 148mm×88mm 32mm×84mm 235mm×84mm 97mm×104mm
重さ 821g 163g 954g 419g
スピーカー 2.5インチ
+
0.6インチ
0.6インチ 2.5インチ
+
0.8インチ
1.4インチ
+
0.8インチ
給電 アダプター microUSB アダプター アダプター
備考 壁掛け(別売) スマートハブ ディスプレイ
カメラ
価格 11,980円 5,980円 17,980円 14,800円

内部機能(AI部分)はすべて同じシステムを使用しています。

音声認識の範囲や制度などもシステム側の要素になりますので、値段が高いほうが良いというわけではありません。

「スピーカー」「大きさ」「給電」「特別機能」「価格」の5点がそれぞれ異なるところで、詳しく解説していきたいと思います。

Echoシリーズ最大の違いはスピーカー音質

外観 Echo
Echo
Dot
dot
Plus
plus
Spot
AmazonEchoSpotの画像
スピーカー 2.5インチ+
0.6インチ
0.6インチ 2.5インチ+
0.8インチ
1.4インチ+
0.8インチ

基本性能の比較をご覧いただければ分かりますが、圧倒的な差が生まれてくるのは音質です。

「Dot」でも音楽を聴けないことはないんですが、やはり出力の弱さによる迫力不足は否めません。

AmazonEchoをスピーカーとしてフル活用したいのであれば、Echoをオススメします。

EchoとPlusの差は正直、聴いても分からないレベルだと思います。

Bluetoothと3.5 mmステレオジャック接続による音声出力が付いている

注意して欲しいのはAmazonEchoはすべて「Bluetooth出力」「3.5mmステレオジャック出力」が付いているということです。

もし外部スピーカーを接続しての使用を考えているのであれば、スピーカーの違いに関しては完全にノーカウント。

この場合は価格が安く、邪魔にならない「Dot」が最適かもしれませんね。

サイズと給電方法は大きなポイントト

外観 Echo
Echo
Dot
dot
Plus
plus
Spot
AmazonEchoSpotの画像
高さ×幅 148mm×88mm 32mm×84mm 235mm×84mm 97mm×104mm
重さ 821g 163g 954g 419g
給電 アダプター microUSB アダプター アダプター

続いて大きさですが、Dot→Spot→Echo→Plusの順番で大きくなっていきます。

Spot以外は直径(横幅・奥行き)がほぼ同じですが、高さが全然違います。

重さを比較しても、Dotのコンパクトさは目立ちますね!

やはり、私がスマートスピーカーを使用していて不便に感じたのは置き場所の問題です。

どうしても給電が必要なアイテムですし、置き場所をどうするかは凄く悩んだところです。

しかし「Dot」なら壁掛けを可能にするアイテムを入手できる他、microUSB電源なので小さなアダプターと短いケーブルで利用するなど融通がききます。

よく考えたら置き場所が無い…という方はDotがオススメです。壁掛けアイテムについてはこちらの記事をご覧下さい。

GoogleHome miniやAmazonEcho dotを壁掛け化するナイスアイテムで置き場所問題を解決する

AmazonEcho Plusのスマートホームハブって何?

外観 Plus
plus
備考 スマートハブ内蔵

スマートホームハブは簡単に言えば「AmazonEchoとスマート家電を接続するのに必要な機能」です。

しかし、Plusのスマートホームハブで接続できる商品は日本でほとんど発売されていません!

現在はPhilips製のライトのみで、スマートホームハブは別売りで購入もできます。

「Plus」を購入する意味は現時点で、ほとんどありません。

ほんの少しEchoよりスピーカーが良いのと、デザインの違いぐらいですね…。

AmazonEcho Spotのディスプレイは何が便利か

外観 Spot
AmazonEchoSpotの画像
備考 ディスプレイ・カメラ搭載

他3機種に遅れて2018年7月より発売開始されたモデル「Spot」はディスプレイ搭載が最大の特徴です。

単純に読み上げる音声を画面に表示することが可能な他、今後Spot限定のスキルも多数登場すると思われます。

公式発表されているスキルとして「カメラとディスプレイを使用したビデオ通話」が挙げられますね。

レシピスキルやニューススキルなども映像があればグッと使い勝手が良くなりそうです。

別売りのカメラを使用することで防犯カメラの遠隔視聴も可能になるなど、出来ることの多さで言えばダントツで多いですね!

Amazon Echo Spot、ブラック

Amazon Echo Spot、ブラック

14,980円(09/23 20:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ|コスパで選ぶなら「Dot」が最強

外観 Echo
Echo
Dot
dot
Plus
plus
Spot
AmazonEchoSpotの画像
価格 11,980円 5,980円 17,980円 14,800円

やはり「Dot」の安さが際立ちます。

初めてスマートスピーカーを購入される方、とりあえず試したい方はDotがオススメです。

価格の安さも魅力ですが、給電方法が唯一microUSBで取り回しがしやすいことが魅力です。

まとめ

アイキャッチ
AmazonEchoレビュー。メイン機として4ヶ月使用した感想
Echo Spot レビュー アイキャッチ
Amazon Echo Spot レビュー|AIスピーカー+液晶=超オススメ!
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

3,240円(09/23 14:40時点)
Amazonの情報を掲載しています
Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

11,980円(09/24 13:51時点)
Amazonの情報を掲載しています