【歴代10年】Amazonで買ってよかったモノ特集

日本向けスマートプラグ「Meross」レビュー。AmazonEcho、GoogleHome対応

スマートプラグMerossアイキャッチ

私は以前に自分で買ったスマートコンセントのレビューをしているのですが、このときは日本向けの製品がなくて海外用の3本プラグでした。

アイキャッチ
Amazonで買ったスマートコンセントでコタツを操作したらめっちゃ便利だった【レビュー】

今は「Meross」という日本向けのスマートプラグが登場していて、今回紹介する製品はこのMerossのOEMだと思われます。外見から箱まで全く同じなので。

MPOW様より商品提供を受け、スマートプラグのレビューをしていきたいと思います。

名前がないので、便宜上「Meross」と呼ばせていただきます。

提供していただいた商品ではありますが、忖度一切無しでいきますので!

スマートプラグ「Meross」の概要

  • 日本向け2本プラグなので変換プラグ等が不要
  • 対応電圧100V~125V、周波数50/60Hz、最大電流15A
  • AmazonEcho、GoogleHomeと直接連携可能。IFFTTにも対応
  • 設定・動作は専用アプリ「Meross」使用(iOS/Android対応)
  • 技適取得(?)ちょっと怪しいので後述

技適番号

製品は日本向けですが中国製です。

技適番号が「203-JN0810」なんですが、総務省の技術基準適合証明等を受けた機器の検索で調べても出てきません。

ちなみに説明書に記載された技適番号は「203-JN0801」ですが、こちらで検索しても同様です。

反映されていないだけで、まさか嘘をついているとは考えたくないですが、中国製ですしね…。

まぁ技適で言えば以前購入したスマートコンセントは技適取得すらしていないので、こういう製品だとしょうがないところはありますね。

スマートプラグ「Meross」開封。完全日本仕様

初めに、提供していただいたのはこちらの2個セットです。

外箱
開封1

外箱はシンプルすぎてびっくりするダンボール製です。

動作設定に使用するアプリのQRコードが記載されていますが、GooglePlay・AppStoreへのリンクになっているので安心です。

スマートプラグ本体2
スマートプラグ本体

外観はシンプルで、プラグは3本ではなく2本。バッチリ日本仕様になっています。

側面にあるスイッチが大きめで押しやすいのは良いですね。

以前のスマートコンセントと大きさ比較
以前のスマートコンセントと比較

大きさ的には以前のスマートコンセントよりコンパクトになりました。

前のが大きすぎたのはありますが…。

ただ、横幅は広がったのでコンセントの位置によってはかなり邪魔です。

Merossの初期設定。専用アプリは超優秀

Merossは他のスマートコンセント同様にスマホアプリで設定を行います。

Meross

Meross

Chengdu Meross Technology Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

これがかなり優秀でした。中国製スマート家電と言えば「Smart Life」というアプリが定番なんですが、それよりも使い勝手が良いです。

アプリの作り自体は「Smart Life」とほとんど同じなので、SmartLifeで設定を試みましたがダメでした。

Merossの初期設定から解説していきたいと思います。

※以下、iOS(iPhone)アプリのスクリーンショットです。

merossの登録

“登録”からアカウントを作成する

Merossの登録はメールアドレスとパスワードのみ

メールアドレス・パスワードを指定

Merossのアカウントはメールアドレスとパスワードのみです。

不安であれば特にメールが届くわけではないので、捨てアカウントで構わないと思います。

Meross初期設定

初期設定時は親切に案内してくれる

SmartPlugを選択

SmartPlugMiniを選択

Wi-fiは2.4GHzを選択するMerossをWi-fiに接続する

Wi-fiは5.0GHzに対応していないので、2.4GHzを選択しましょう。

設定完了後のアプリ

設定完了後のアプリホーム画面はこんな感じです。

私はリモコンの無い「サーキュレーター」に使用してみました。

リモコンがある家電はNatureRemoでコントロールできているので、スマートプラグはそれ以外の使い方が主になります。

NatureRemoアイキャッチ
Nature Remo(ネイチャーリモ)を徹底レビュー!設定からIFTTT連携(タイマー機能)までを解説します

Merossアプリの良いところは、ウィジェットが非常に使いやすいところだと思います。

Meross iPhoneアプリのウィジェット

iPhoneだとこんな感じ

MerossはIFTTTにも対応。スマートスピーカーと直接連携も

Merossのアカウント画面

Merossアプリのアカウント設定画面

直接連携はとても簡単で、Merossアプリの「アカウント」画面から「Amazon Alexa(AmazonEcho)」「Google Assistant(GoogleHome)」の設定方法を確認できます。

実際に連携する際はAlexaアプリ、またはGoogleHomeアプリから連携します。

私の場合はスマート家電の連携はIFTTTで統一しているので、直接連携は使用していません。

MerossのIFTTT設定 MerossのIFTTT連携

IFTTTにもバッチリ対応。

MerossとIFTTTの連携に関しては以前のスマートコンセントレビューで解説しているSmartLifeとの連携とまったく同じです。

ぜひそちらを参考にしていただければと思います。

アイキャッチ
Amazonで買ったスマートコンセントでコタツを操作したらめっちゃ便利だった【レビュー】

Merossの一番不安な点は「発熱」問題

さて、私は現在このスマートプラグを使用していません。

というのも開封して設定が終わったころには体感で50~60度ぐらいまで本体が発熱しておりました。

まだ設定しただけで、スマートプラグ経由で家電を動かしたわけでもないのに…です。

室温は28度で、時間は30分ぐらいでした。この環境でこの発熱ですから、怖くなって使用を中止しました。

商品を提供していただいたMPOWの担当者にこの件について問い合わせをしたところ

先ほど、開発部より確認いたしました。
無線制御モジュールなどを搭載したので、本体が発熱するのは正常(範囲は0~60度)です。
あらゆるスマートコンセントも発熱することがあります。
そして、本製品は過熱・過電流などへの保護機能をサポートします。
自分の体験で、iPhoneも発熱やすいです。
御心配なく。

とのことでした。うーん…。

確かに言われてみればスマホの発熱に似たような体感温度ではあります。

でも室温28度、設定のみの30分程度で正常範囲の上限まで発熱して夏場大丈夫なんですかね?

さすがにiPhoneは同条件でここまで暖かくならないですよ。

以前購入した3本プラグのスマートコンセントは発熱を感じることがなかったので、不安で使わなくなってしまいました。

Amazonのレビューなどを見ると皆さん普通に使用されているみたいなので、ハズレを引いた可能性もありますが…。

まとめ|待望の日本製スマートプラグは安全性に疑問?

あくまで私個人の意見ですが、安全性に疑問があります。

技適の件や発熱の件もあり、24時間365日起動させるデバイスとして信頼できませんでした。

せっかく商品を提供していただいてこのようなレビューを書かざるを得ないのは残念ですが、これが私のホンネです。

発熱は「あったかいなぁ」というぐらいなので発火するような感じでもありませんが、そこまでしてスマートプラグを使いたいわけでもないので…。

ガジェットに詳しい人が「ちょっとどんなものかな?」という感じで購入される分には楽しい製品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です