【歴代10年】Amazonで買ってよかった物

PORIPUのバージョンアップでカスタマイズが消えないようにする方法

このブログではWordPressテーマに「SANGO」を使用しております。

SANGOは単体でもとても素晴らしいテーマなんですが、さらにかゆいところに手が届く追加子テーマ「PORIPU」を導入しております。

機能面で言えば文句なし買って損なしの神テーマ&子テーマなんですが、一つ面倒な問題がありました。

PORIPUのバージョンアップ時に「style.css」や「functions.php」に記述したカスタマイズが消えてしまうのです。

今回はこの問題を解消できたので、紹介したいと思います。

PORIPUのバージョンアップについて

まず初めに、PORIPUのバージョンアップについておさらいします。

PORIPU公式サイトに書かれているように最初にPORIPUをインストールする際にはサイトカラー等の設定が初期化されます。

それまでSANGOやSANGO公式子テーマに記述したstyle.cssやfunctions.phpを自動で引き継ぐことはできないので、初めてインストールする方はメモ調などにコピーしておいてくださいね。

今回紹介する方法は「既にPORIPUを使用していて、PORIPUのバージョンアップをしたい場合」です。

事前準備|SANGO公式アップデート用テーマをダウンロード

SANGO公式サイト|更新情報にあるSANGOアップデート用テーマをダウンロードしておきましょう。

SANGO/PORIPU両方のアップデート時に利用できるので、SANGOユーザーなら必須です。

PORIPUバージョンアップの手順

次に公式サイトで説明されている「PORIPUをバージョンアップする方法」をご紹介します。

ただ、下記の「style.cssを引き継ぐ方法」「functions.phpを引き継ぐ方法」を実行していない場合はバージョンアップ時にstyle.cssの記述とfunctions.phpの記述が消えてしまうのでご注意ください。

カラー設定などWordPressの「外観→カスタマイズ」から設定した項目は消えずに引き継がれますのでご安心を!

  • STEP.1
    アップデート用テーマに変更
    まずPORIPUからSANGOアップデート用テーマに変更します。

    PORIPUアップデート手順の解説 手順1

  • STEP.2
    旧PORIPUを削除
    現在インストールしているPORIPUを削除します

    PORIPUアップデート手順の解説 手順2

  • STEP.3
    新PORIPUをインストール
    バージョンアップされた新しいPORIPUをインストールします

    PORIPUアップデート手順の解説 手順3

  • STEP.4
    PORIPUを有効化
    最後にアップデート用テーマからPORIPUに変更します。これでPORIPUのバージョンアップが適用されました!

    PORIPUアップデート手順の解説 手順4

  • STEP.5
    バージョンアップ完了!

style.cssを引き継ぐ方法

おまたせいたしました。ここからが本題です。

SANGOはもともと見出しなどを「cssをいじって好みに変更してね」というテーマなのでstyle.cssに何も記述していない人はほぼ居ないと思います。

それだけに、PORIPUのバージョンアップの度にコピーして、貼り付けて…っていうのは面倒ですよね。

その「style.css」カスタマイズを引き継ぐ方法ですが、めちゃくちゃ簡単です。

WordPressのメニューにある外観→カスタマイズの画像

WordPressのメニューにある外観→カスタマイズから…

一番下にある「追加CSSにカスタマイズコードを記述」 の画像

一番下にある「追加CSSにカスタマイズコードを記述」

これだけ!!

PORIPUバージョンアップの際「外観→テーマ編集」のstyle.cssに記述していると消えてしまいますが「外観→カスタマイズ」の追加CSSに記述していれば消えないのです。

欠点はエディタの幅が狭くてめちゃくちゃ見づらいことぐらいなので、編集は別のエディタでやりましょう。

functions.phpを引き継ぐ方法

次に「functions.php」に記述したカスタマイズを引き継ぐ方法です。

functions.phpをカスタマイズしている人は多くないかもしれませんが、当ブログではSANGO公式の

関連記事ショートコードのサムネイル画像を長方形で表示する方法

アフィリエイトリンクを改変せずにボタンを使う方法

などのカスタマイズで記述をしています。

functions.phpの記述もPORIPUのバージョンアップで消えてしまうので、「Code Snippets」というプラグインを使います。

Code Snippetsの使い方

このプラグインは安全かつ管理しやすいようにfunctions.phpを編集できるもので、元々functions.phpをテーマ編集からカスタマイズするのは推奨されません(記述を間違えば真っ白になったりします)ので、ぜひ利用していただければと思います。

  • STEP.1
    プラグイン|Code Snippetsをインストール
    WordPressのプラグイン→新規追加→検索から「Code Snippets」をインストールしましょう。

    CodeSnippetsをインストールする

  • STEP.2
    functions.phpの記述を追加する
    プラグインを有効化するとWordPressメニューに「Snippets」が追加されます。「Add New」からカスタマイズコードを記述しましょう。

    SnippetsのAdd New

  • STEP.3
    タイトル、コードを記入
    タイトルはわかりやすいもの、コードはそのまま記述してください。テーマ編集からfunctions.phpに記述していたものは先に削除しておいてくださいね。カスタマイズによっては重複エラーが起きます。

    Code Snippetsでタイトル、コード、Descriptionを記述する

  • STEP.4
    Descriptionを記入
    Code Snippetの大変便利な要素の一つとして、カスタマイズの管理がめちゃくちゃしやすいところがあります。「Description」にはカスタマイズの詳細、できれば出典元のリンクを貼っておきましょう。

    Descriptionには出典元のリンクを貼ると便利

  • STEP.5
    設定完了!

カスタマイズが複数ある場合、一つずつ分けて記入していった方が管理が圧倒的に楽です。

Code Snippetsの管理画面

Code Snippetsの管理画面

必要なくなれば「Deactivate」で一時無効化したり「Delete」ですぐ削除ができますし、「Export」でファイルをダウンロードすることで他サイトへ記述のインポートが可能です。スゴイ。

さらに管理画面の「Description」はリンクが有効になっています。

「あれ?このカスタマイズなんだっけ?」ってなったらすぐ確認できるとか凄くない?便利すぎない?

functions.phpへの記述はこのプラグインが管理してくれるので、PORIPUのバージョンアップをしても消えない…というワケです。

PORIPU利用者がSANGO本体をバージョンアップするには

「PORIPU利用中にSANGOのアップデートがあったらどうやってバージョンアップすればいいの?」という疑問です。

SANGO公式サイト、PORIPU公式サイトどちらにも載っていなかったので私は少し迷ってしまったのですが、難しい手順は一切ありません。

  • STEP.1
    アップデート用テーマに変更
    まずPORIPUからSANGOアップデート用テーマに変更します。
  • STEP.2
    旧SANGOを削除
    現在インストールしているSANGOを削除します(設定等は残りますので、ご安心を!)
  • STEP.3
    新SANGOをインストール
    バージョンアップされた新しいSANGOをインストールします
  • STEP.4
    PORIPUを有効化
    最後にアップデート用テーマからPORIPUに変更します。これでSANGOのバージョンアップが適用されました!
  • STEP.5
    バージョンアップ完了!

この手順で大丈夫です。新SANGOをインストールしたあと、新SANGOを有効化する必要もありません。アップデート用テーマからすぐPORIPUに変更してOKです。

まとめ|SANGOもPORIPUも神テーマ

私は様々な有料・無料テーマを試してきたのですが、もうSANGO(&PORIPU)から離れられそうにありません。

多少の不都合なら今回のようになんとかします(笑)

SANGO開発者のサルワカ様、PORIPU開発者のマサオカ様、本当にありがとうございます。

ありがたや…ありがたや…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。